バイアグラ 個人輸入

世界初の飲む勃起薬

バイアグラ,個人輸入

バイアグラは世界初の飲む勃起薬として
一大センセーションを巻き起こしたED治療薬です。

 

 

バイアグラは1998年にアメリカのファイザー製薬により
製造販売が開始されました。
翌年の1999年には日本でも厚生労働省の認可を受け
販売が開始されました。

 

 

今でこそED治療薬の代名詞として誰もが知っている
バイアグラですが、そもそもED治療薬として開発されていた
のではなく、実は狭心症の治療薬として開発されていたのです。
臨場試実験の途中で被験者の中からバイアグラが
勃起を促す作用があることがわかり、狭心症の治療薬から
ED治療薬へと研究がシフトして現在に至ります。

 

 

1999年頃といえば、日本ではEDという言葉自体まだ
あまり知られていませんでした。
EDや勃起不全は当時はインポテンツと呼ばれることが多く、
差別的な意味合いがあったほどです。
それほどEDという病気に関しての知識も一般的には知られて
いませんでした。

 

 

1998年にアメリカで発売された当時、その効果から日本でも
たいへん大きな話題となりました。
翌年に日本で販売された当初は『夢の薬』と呼ばれるくらい
EDに悩める男性を歓喜させたものです。

 

 

バイアグラの効果

バイアグラはどのようにED治療に効果を発揮するのでしょうか?

 

バイアグラは別名PDE-5阻害薬と呼ばれています。
このPDE-5阻害薬という言葉にバイアグラの効果の
秘密が表されています。

 

 

PDE-5とは、陰茎が勃起をする時に必要なサイクリックGMP
という物質を分解してしまう酵素のことです。
EDの方はこのPDE-5が通常の人より活発に働いている傾向があり
勃起を維持することが出来ないのです。

 

 

バイアグラにはこのPDE-5という酵素を阻害する働きがあり、
EDの方でも強い勃起力が得られ、勃起維持が出来るようになるのです。

 

 

副作用

バイアグラはサプリや精力剤とは違い、医薬品です。
どんな医薬品でもそうですが副作用を伴うものです。
バイアグラももちろん例外ではありません。

 

 

バイアグラの服用で発症する副作用に頭痛、顔のほてり、動悸などの
症状が報告差されています。

初めて服用する方にはこれを聞くと不安を感じるかもしれませんが、
バイアグラの副作用は殆どの場合が軽いもので、強い痛みや苦痛を
感じさせるものではありません。

 

 

「あっ、効いてきたのかな」と思わせるような軽微なものですので、
あまり神経質になる必要はありません。
1日1錠の服用を守りさえすれば、あまり心配する必要はないのです。

 

 

バイアグラは元々狭心症の薬のために開発されていたと話しました。
このことからもわかるように服用することで心臓に負担をかけることはありません。
むしと、血流を良くする等のプラスの効果があるくらいなのです。

 

 

ニトロとの併用は危険!

しかし、狭心症等の治療に使われるニトロを投与している人は注意が必要です。
バイアグラとニトロはともに血圧を下げる働きがあります。
同時に服用することにより急激に血圧を下げ危険な状態になる可能性が
ありますので、狭心症と診断された方、そしてニトロを処方されている方は
必ず医師と相談してからバイアグラの服用を検討するようにしてください。